規約は組合の憲法よ。みんな必ず守ってね。







第1章総則

第1条(名称と所在地)
 本組合の名称は,
「全労連・全国一般労働組合兵庫県本部日能研労働組合」といい,事務所を
神戸市中央区相生町4丁目4−6広田ビル全労連・全国一般労働組合兵庫県本部内におきます
第2条(構成と組織)
 本組合は、本組合の規約に賛同する鞄能研関西ならびにその関連会杜で働く労働者(失業者も含む)で構成されます。
第3条(目的と事業)
 本組合は,労働条件の維持向上を始め,組合員の社会的地位向上を計ると共に・組合員の意向を会社経営に反映させて,企業の民主化と健全な発展を図ることを目的とし,その達成のため次の事業を行います。
1.組合員の団結権,団体交渉権と団体行動権の確立に関する事項。
2.労働条件の維持向上に関する事項。
3.安全衛生及び福利厚生に関する事項。
4.同一目的を有する諸団体との協力提携に関する事項。
5.その他目的達成に必要なる事項。

第2章加入・脱退

第4条(加入)
 本組合の規約に賛同する労働者は,すべて加入することができます
本組合に加入しようとする労働者は,所定の加入申請書を執行委員会宛に加入金2百円を添えて提出し,執行委員会の承諾をうけ,組合費を納入した時
ただし、使用者側の利益代表者とみなされる地位にある者は、組合員になることは出来ません
第5条(脱退)
 本組合から脱退する時は,本組合に対する一切の債務を完済した上で脱退の旨を執行委員会宛に書面で届け出なければなりません。届け出の日から1ヵ月を経過した時をもって脱退は成立し,本組合に対する権利・義務は消滅します。

第3章権利と義務

第6条(平等の原則
 本組合に所属する組合員は,平等の権利と義務を有する。何人も年齢,性別,職種,熟練の程度,国籍,門地,人種,杜会的身分,政治的宗教的信条,並びに意見を異にしたことによって,組合員たる資格をうばわれることはありません。
加入組合員は,規約を守り,本組合の機関の決定に基づく運動の発展に協力しなければなりません。加入組合員は,定められた組合費を定期的に納入しなければなりません。
第7条(選挙権・被選挙権)
 本組合に加入する組合員は,この規約に定めるところにより本組合のあらゆる機関の役員に選挙され,また,選挙する権利をもっています。
第8条(統制)
 本組合の行う活動に対して妨害,あるいは組合費を長期間納入せず,執行委員会からの是正を受けてもそれらの行為を改めない加入組合員に対しては,権利停止,除名処分を行うことができます。
権利停止または除名処分を受けた組合員は次期大会に抗告することができます。

第4章機関

第9条(機関)
 本組合に次の機関をおきます。
@大会A執行委員会B分会
第10条(大会)
 大会は,本組合の最高決議機関であり,組合員の直接無記名投票で選ばれた代議員と役員とで構成し,代議員総数及び加盟組織の各3分の2以上の出席により成立します。
第11条(大会の招集)
 大会は,毎年一回定期に,必要があるとき臨時に開きます。定期大会は執行委員会の確認をへて執行委員長が招集します。
 臨時大会は,執行委員会が認めたとき,または,組合員の3分の1以上の請求があったとき,執行委員会の確認をへて執行委員長が招集します。
第12条(大会付議事項)
 大会で審議すべき事項は次の通りです。
 @綱領・規約の改廃
 A活動報告の承認
 B運動方針の決定
 C決算の承認,予算の決定
 D役員の選出
 E上部団体・組織への加盟・脱退
 Fストライキ権の行使
 Gその他必要事項前項のうち,@・E項の議決には代議員総数の過半数の賛成を必要とし,その他の項についても,代議員総数過半数の賛成で議決します。
第13条(大会の運営)
 大会の運営については,大会運営規定を別途定めます。
第14条(執行委員会)
 執行委員会は,本組合の常設の指導統括機関で,規約および大会の決議の執行にあたります。会計監査を除く役員で構成し,執行委員長が,必要に応じて随時招集します。
第15条(執行委員会の成立と議決)
 執行委員会は,構成役員の3分の2以上の出席で成立し,議決は出席者の過半数の賛成を必要とします。
第16条(三役会議)
 執行委員会に,三役会議をおくことができます。その構成は,執行委員長,副執行委員長,書記長とします。
第17条(書記局)
 本組合の業務を処理するため書記局を置き,書記長が業務を統括する。書記局員の任免は,執行委員会の議をへて書記長が行ない,執行委員会に報告し承認を受けます。
第18条(補助機関)
 必要に応じて補助機関をおきます。

第5章役員

第19条(役員)
 本組合の役員は次の通りです。
 @執行委員長      1名
 A副執行委員長    若干名
 B書記長         1名
 D執行委員       若干名
 E会計監査        2名
 F特別執行委員    若干名
 役員の定数は,大会で決定します
第20条(役員の選出・任期)
 役員は,大会出席代議員の直接無記名投票によって選出します。役員の任期は,1年とし,再選は妨げない。選挙規定は別に定める。
第21条(役員の任務)
 執行委員長は,本組合を代表し統括します。副執行委員長は,執行委員長を補佐し,執行委員長に事故ある時は代行します。書記長は、書記局の責任者として,組合業務を統括します。
執行委員は,それぞれ分担して組合活動の執行にあたります。大会の議を経て,若干の特別執行委員をおくことができます。
 
特別執行委員は,執行委員会に出席し意見・提案ができます。

第6章会計

第22条(会計)
 本組合の会計は、組合賢、寄付金、及びその他の事業収入をもって賄います。加盟組合員は,月額総収入から所得税を差し引いた額の1%とする。毎月月末までに組合費を納入しなければなりません。
第23条(資産の管理)
 本組合の資産の管理は,大会の確認をへて執行委員会が行います。
第24条(会計年度)
 本組合の会計年度は,毎年4月1日から翌年の3月30日までとします。
第25条(会計監査)
 すべての財源及び使途,主要な寄付者の氏名並びに現在の経理状況を示す会計報告は,組合員によって委託された職業的に資格がある会計監査人によって正確であることの証明書とともに,少なくとも毎年1回組合員に公表されること。

第7章付則

第28条(規約の改廃)
 本規約の改廃は,組合員の直接無記名投票により選挙された代議員総数の直接無記名投票による過半数の賛成で改廃できる。
第29条(定めのない事項)
 本規約に定めのない事項は,「全労連全国一般労働組合兵庫県本部」の規約及び諸規定を準用します。
 本規約は,2001年2月16日から実施します。
以  上